保育士転職の知識編

ハローワークで保育士の求人を探す時に注意すること、メリットデメリットを紹介

更新日:

ハローワークで保育士の求人を探そう!と考えているあなたへ・・・

ちょっと待ってください!

ハローワークは良いところももちろんありますが、注意点もあります!!

特に、保育士の求人を探そうと思ってる人は要注意ですよ~。

 

実際にハローワークへ何度も行って求人を見たり、転職も経験私がメリットとデメリット、注意することをまとめてみたので参考に読んでみてください。

 

ハローワークで見る保育士の求人について

保育士がハローワークを使うときのメリット

  • 気に入った求人があれば、その場で園と連絡を取ってもらえます。

急いで求人を探している人や、ここがいい!と前もって気に入った園がある人にはいいと思います。

 

  • 保育士に限らず、いろんな求人がある!

保育士以外の求人もあるので、他の仕事でもいいかなと考えている人にはいいと思います。

 

  • PCで調べやすくなった

職種や、賃金、休日等で絞り込んで探せるようになったので意外と探しやすいです。

 

保育士がハローワークを使うときのデメリット

  • ハローワークが開いている時間に行くのが難しい

仕事しながらだと、間に合う事の方が少ないんじゃなかろうか・・・。

 

  • 保護者に会う可能性がある

退職することがまだ社外秘だったりすると相当な覚悟が必要です。

見られただけであっという間に噂が広がりますからね。

 

  • 求人票を見ただけでは、園の情報はほとんどわからない・・・。

給料や、就業時間、休日、大まかな仕事の内容、職員の人数くらいは書いてあります。

どんな園で、どういったことに力を入れているのかや保育内容等は別途自分で調べる必要があります。

 

  • ハローワーク職員さんは保育園や幼稚園に詳しいわけではない

当然ながらどんな園なのか、仕事内容なども職員さんに聞いても答えてはくれません。(笑)

人によって対応もまちまちなので、結構厳しいことを言ってくる人もいました。(心が折れる・・・)

 

こういう求人に注意(経験談)

1,2ヶ月の間にほんの数回いくくらいなら気付かないかもしれませんが、行く期間が長くなってくると・・・

この求人ずっとあるな。(ほぼ1年くらい)

またこの園の求人でてる。

といったことが気になってきます。

 

  • 時給が安い
  • 勤務時間や仕事の内容が詳しく書かれていない
  • 求人票に空欄が多い

 

こういった園は要注意です!!

一概には言えませんがブラックな園の可能性が・・・。

 

会社はハローワークには無料で求人を掲載することができるそうなんです。

しかも、掲載すると国から助成金まででるんだとか・・・。

なので、残念ながらあまり質の良くない求人も多いんです。

 

もしハローワークを利用するなら、気に入った求人があってもすぐに申し込まずしっかりと園のことを調べてからの方がいいですよ!!

 

ハローワークで保育士の求人を見つけるときのまとめ

  • ある程度長期的に通い、常にある求人は避ける方がよい
  • 行く時間がなかったり、周囲の目を気にする必要があるなら転職サイトの利用がおすすめ
  • 求人を見るだけではどんな園なのか分からないため、自分でリサーチする必要がある

 

ハローワークはメリットもあるけれど、意外とデメリットも多いんです。

パッと見ただけでは良い求人なのか、あまり良くないのか見極めるのは困難なので、ハローワークと同時に保育士の転職サイトを見てみるのもおすすめですよ。

 

ハローワークには出ていない非公開の求人も多いし、保育に詳しいコンサルタントさんが相談に乗ってくれるところもありますよ。

今の職場の辞め方とか、面接の相談とかもできて結構心強いです。

 

失敗しないためにもハローワークだけで探そうとしないで、他の探し方も検討してみるのが一番ですね♪

 

-保育士転職の知識編

Copyright© 元保育士が選ぶ保育士転職ブログ , 2018 All Rights Reserved.